自己破産した主婦でもキャッシングを使えるようになります

多重債務に苦しんで自己破産するケースもいまだにあるようですが、確かに免責を受けると今まで借り入れた借金は無くなります。
その代わり持っている資産のほとんどが処分されますし、免責を受けると5年から7年間信用情報にデータが登録され、いわゆるブラックになり新たなローンやキャッシング契約を結べなくなります。
最近は夫の収入減から主婦の方が多重債務に陥るケースも多々ありますが、裁判所から免責を受けることになると、同じようにローンやキャッシング契約を相当の間結べなくなります。
将来住宅を購入したいと考えているなら、最低でも免責を受けてから5年間は住宅ローン契約は結べないと覚悟しておく事が必要です。
ただし5年から7年経てばローン契約もキャッシング契約も結ぶ事が出来るようになるので、多重債務で苦しんで弁護士に相談してもどうしようもない時は、自己破産を申請して裁判所で免責を受けて人生を再出発する方が人生の立て直しが早い場合も有りますので、よく弁護士と相談して解決の方法を決めましょう。